▲PAGETOP

=広島=産業廃棄物処理とリサイクルをお手伝いする会社です 【対応エリア:広島県・山口県・島根県】

よくあるご質問

お客様からよくお問い合わせいただくご質問にお答えいたします。
その他ご不明な点がございましたら、何でもお気軽にこちらからお問い合わせください。

Q.どのような廃棄物でも処理できますか?
A.取得している許可の範囲内でしたら大丈夫です。通常考えられる産業廃棄物には対応できるよう許可は取得していますが、足りないものにつきましては速やかに対応いたします。


Q.営業時間と休業日はいつですか?
A.営業時間は8:00~17:00となります。休業日は日曜祝日、お盆休み、年末年始となります。


Q.少量ですが持込み可能でしょうか?
A.一個、一袋、一箱でも大丈夫です。皆様のお持込みをお待ちしております。


Q.大量ですが大丈夫でしょうか?
A.2トン車から大型車まで様々な車両で収集運搬が可能です。大量の廃棄物でもお気軽にご相談ください。


Q.見積りは無料ですか?現場まで見に来てくれますか?
A.はい。弊社の営業担当が無料で現場までお見積りにお伺いします。


Q.適正処理されているのでしょうか?
A.全ての廃棄物は、法令順守のもと、適正に処理いたしております。弊社処分場や、最終処分場の見学も可能です。全ての廃棄物処理を安心してお任せ下さい。


Q.他県にて工事予定ですが、遠方の収集運搬には対応していますか?
A.弊社の収集運搬の対応エリアは、広島県、山口県、島根県の3県です。県外廃棄物の搬入に関する事前協議書類の作成に関しましても、処理実績豊富なノウハウがございますので、お任せ下さい。料金等詳細につきましては、お気軽にお問い合わせください。


Q.廃棄物の処理には、どのくらい費用がかかりますか?
A.排出予定の廃棄物の種類や、量、排出場所等や処分方法によって、処理価格は異なります。ご連絡いただければ弊社営業担当がお見積もりにお伺いいたします。(お見積もりは無料です。)


Q.廃棄物の排出時に分別(選別)が必要ですか?
A.基本混載品目(廃プラスチック類、金属くず、ガラスくず、木くず、紙くず等)につきましては、分別(選別)は必要ありません。(一部品目除く)弊社の事業所「株式会社ともやま商店 熊野リサイクルセンター」にて私たちが行います。選別のプロにお任せください。


Q.日曜日や祝日の収集は可能ですか?
A.基本的には日曜祝日はお休みですが、事前にご連絡いただければ対応可能です。(別途割増料金を申し受けます)お気軽にお問い合わせください。


Q.建設現場に箱(廃棄物を入れる箱)を設置できますか?
A.はい。設置可能です。1.5~2立方メートルのBOX、4立方メートルのコンテナ、8立方メートルのコンテナ(ともに鉄製)など数種類ございます。お気軽にお問い合わせください。


Q.機密書類の処理は可能ですか?
A.はい。処理方法はリサイクル(破砕~溶解)と焼却から選択できます。弊社の提携しているリサイクル業者や焼却業者での処理となります。処理の立会いも可能です。


Q.家庭ごみの処理はできますか?
A.弊社での家庭ごみ(一般廃棄物)の対応地区は広島県安芸郡海田町のみとなります。その他の地区につきましては、専門業者をご紹介いたします。お気軽にお問い合わせください。


Q.工場からとても危険な廃棄物が排出される予定です。処理可能ですか?
A.取得している許可の範囲内でしたら大丈夫です。弊社では特別管理産業廃棄物につきましても、多くの種類に対応できるよう許可は取得していますが、足りないものにつきましては速やかに対応いたします。


Q.事業所の見学はできますか?
A.営業時間内でしたら、いつでも見学可能です。事前にご連絡いただければ、営業担当が施設のご説明をいたします。


Q.収集した廃棄物はどこで処理しているのですか?
A.収集した産業廃棄物は、一部品目を除き弊社の事業所「株式会社ともやま商店 熊野リサイクルセンター」に持ち帰り、廃棄物の種類ごとに選別いたします。その後弊社の提携しているリサイクル業者や処分業者での処理となります。


Q.マニフェストって何ですか?
A.産業廃棄物処理管理票のことです。排出事業者様(お客様)が弊社に対して交付し、産業廃棄物が適正に処理されたことを確認する書類です。交付しない場合には、罰則の対象となりますのでご注意ください。


Q.電子マニフェストって何ですか?
A.財団法人日本産業廃棄物処理振興センターの運営する、インターネットを利用したマニフェストシステム(JWNET)です。ペーパーレスで産業廃棄物の収集運搬、処分の状況がご確認いただけます。もちろん弊社も加盟しております。

  《JWNET加入者番号》 収集運搬:2001294  処分:3001225


Q.廃石綿(アスベスト)は処理できますか?
A.はい。廃石綿(飛散性アスベスト)につきましては、その有害性から、近年問題視されておりますが、もちろん弊社でも処理可能でございます。 処理に必要な契約書や事前協議書等、各種書類の作成等もお任せ下さい。

Copyright © 株式会社ともやま商店 All Rights Reserved.